無人島理論

image

突然ですが…。
皆さんは無人島で生活をしたことがありますか?

自分はそれに近い経験を旅打ちでしたことがあります。

殆どの人は経験がないとは思いますが、どんな生活になるのかイメージはできる人は多いのではないでしょうか。

野生の虫やキノコを食べたり、屋外で野宿をするといった感じです。
到底、こんなことを急にやれと言われてもできる訳ないですよね。

でも、実際に無人島にいたらどうでしょう?

食べ物も虫やキノコしかない。
寝床も野宿するしかない。

そんな状況だったら、殆どの人は嫌でも何でも食べるし、寝床に対しても文句は言えないと思います。

そして、無人島から脱出した時に今まで当たり前だった事にありがたみを感じ、今まで気付かなかった恵まれていた部分もわかるようになると思うのです。
無人島というのは、生きていくのに快適とは程遠い環境です。

なので、そういった場所で生きた人は、多少環境が悪くても適応しやすくなるはずです。

何なら、日常に戻った時に道路の道端に生えてるキノコや草が食べれるなんてことに気付いたりもするんじゃないでしょうか?

さて、前置きが長くなりましたが、
これってパチスロでも同じだと感じます。

パチスロってのは、環境、状況が良いとこで稼働するのがベストです。

なので、無人島みたいなホールや地域で稼働することは間違ってるようにも思えます。

ですが、自分は敢えて厳しい環境で稼働を経験することも実力アップに繋がると思うんですよね。

ライバルが多い地域や稼働が殆どない地域ってのは、無人島で例えるなら食べ物がない状態で、スロットでいうなら期待値のない状態です。

でも、そういった中でも野生の虫やキノコを食べる感覚で、期待値をガンガン見つけられるようになったらどうでしょう?

それは、今までの快適な稼働では気付かなかった部分や見落としてた部分が見えるということにも繋がってると思うんですよね。

それこそ、極限状態を経験していなければ、道端に生えてるキノコや草が食べれるなんて考えないのと同じです。

期待値を稼ぐという意味では、状況の良いホールで稼働するのがベストです。

つまり、無人島の様な酷い状況でも期待値を見つけられるようなハングリー精神は、状況の良いホールで更なる期待値を稼げることを意味します。

自分は、ここ数年。
厳しい環境、条件で稼働することが多くありました。

言わば虫やキノコを食べ続けるような無人島の様な稼働をしてきました。

しかし、そのおかげで現在は普通のスロッターが見逃してしまうような、虫やキノコのような期待値にも人一倍気付けるようになりました。

ゲーム数狙いでは、
殆どの稼働のない店。
ハマリ台を対策している店。
ライバルが多い地域。

高設定狙いでは、

店の傾向や癖がわからない状況。

ひたすら、無人島で生活するような厳しい稼働をしました。

自分はそういった経験を積み続けた事でスロッターとしての視野がかなり広がったと思います。

ですので、上を目指したかったり、スキルアップしたい方は敢えて厳しい環境で稼働を経験し、新しい発見、ハングリー精神を磨くのも良いかもしれません。

人は必死になると、今まで見落としてた事。

当たり前だと思ってたことに実は価値があったことに気付いたりします。

最低の環境を知ることは、1つの基準ができるということで、ホールの状況が良いのかの判断がしやすくなります。

どんなジャンルでもそうですが、人以上に結果を出すためには必死になれるかどうかが大事。

なので、パチスロで勝ちたいのなら
このハングリー精神。

これは絶対に忘れてはいけないなと思う次第です。

LINE友達もまだまだ募集しています。
友達になってくれた方には
お礼として、限定動画をプレゼントしております。

ですので、LINE友達になっていない方は
是非この機会に友達になっていただけたらと思います‼

友だち追加